温泉

花城温泉

天然温泉

雄大な日本三大松原の一角に位置し、敷地内から天然温泉、泉質は単純弱放射能冷鉱泉が湧き出る環境でございます。筋肉もしくは関節の痛みやこわばり、冷え性、胃腸機能の低下、疲労回復、病後回復の筋肉のこわばり、ストレスによる諸症状等浴用の一般的適応症の分析結果が出ております。入浴後のいつまでも続くホカホカ感やお肌がつるつるになる等ご感想も沢山頂いております。ごゆるりと憩いのひと時を!

風呂情報

【泉質】
ナトリウムイオン泉 炭酸水素塩泉 ナトリウム塩化物泉
【効能関節痛】
神経痛 美肌効果
【お風呂の種類大浴場】
天然温泉
【お風呂からの眺望】
海が見える 川沿い
【入浴時間】
午後12時~午後9時

男女それぞれの大浴場は温泉成分を含んでおり、旅の疲れを癒してくれます。

源泉名
花城温泉
適応症
高尿酸血症(痛風)、強直性脊椎炎筋肉、若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の傷み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症
病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期